前澤友作の商標出願は可能なのか?個人の名前を商標登録できるか気になる

スポンサーリンク
考えるひと
前澤社長、今度は自分の名前を商標登録かあ・・・・あれ?名前って商標登録できるの?

と思っているあなたにむけてこの記事を書いています。

本記事では前澤友作社長の商標登録出願の件から、個人の名前をそもそも商標登録できるのかを調べておきました。どなたかの疑問だったりを解消できれば幸いです。それにしても前澤さん、2019年からお年玉の件といい、飛ばしてますねw

ではでは、

前澤友作の商標出願は可能なのか?個人の名前を商標登録できるか気になる

と題して早速記事を進めていきましょう。

前澤友作の商標出願は可能なのか?個人の名前を商標登録できるか気になる

 

ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するゾゾ(ZOZO)が、同社代表取締役社長の氏名である「前澤友作」「yusakumaezawa」「maezawayusaku」の商標を出願したことがわかった。出願日は2018年12月21日。

出願内容は、Tシャツや手袋、帽子、被服、履物、運動用特殊衣服といった商品の取り扱い、マーケティングの支援、マーケティングに関する情報の提供、インターネット上での商品および役務の販売促進・提供促進のための企画およびその実行の代理など。このほか、昨年12月にスタートした有料会員サービスの名称にもある「ZOZOARIGATO」の商標も同日に出願している。

なお、同社は昨年10月に「ZOZOSHOES」の商標を出願。プライベートブランドとしてオーダーシューズの展開を予定しているため、その名称と見られる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010000-fashions-life

あかうさりん
自分の名前を商標出願かあ、前澤社長もノリノリやんな

ちなみに商標出願の意図も上記の通りですね。今後プライベートブランドの展開を視野に入れているからということでした。

さて・・・・

あかうさりん
商標登録が認められるんやろうか、これ

とある弁理士様のコメントがあるのでそちらを引用して見ましょう。


>人の氏名を含む商標は同意を得ない限り登録できない(商標法4条1項8号)。
>ただ同姓同名の他人がいる可能性もあり、特許庁がどのように判断するのか楽しみ

あかうさりん
なんとなくわかった、つまり全国にいるかもしれない「前澤友作」さんの同意がないとこの件は無効ってことやんな?

そうなりますね。じゃあ調べて見ましょう。同姓同名検索様のサイトによると・・・・


引用元:https://myoji-yurai.net/fullNameSearchResult.htm?myojiKanji=%E5%89%8D%E6%BE%A4&namae=%E5%8F%8B%E4%BD%9C

 

あっ・・・

あかうさりん
あっ・・・・・
こありん
あ、じゃあこれって・・・・

このサイト様のデータがもし完璧ということであれば、同姓同名はいらっしゃらない・・ということに・・なるのかな?

あかうさりん
まあ実際一人一人綿密に調べて見たら何人か出てくるかもやから、その場合は前澤社長は許可・同意をもらわなあかんってことになるな。

ですね。ちなみにこんなツイートが。

これ、何気にありそうで期待してしまう。

まとめ

前澤友作の商標出願は可能なのか?個人の名前を商標登録できるか気になる

と出して記事をお送りして参りました。ということで、個人の名前を商標登録はできます。もし同姓同名の前澤友作さんがいらっしゃれば、前澤社長はその方の同意を得なければならないということでした。

さて本件、どうなることやら。



スポンサーリンク
スポンサーリンク