板谷由夏がNEWS ZEROを卒業する理由・真相を推測した

スポンサーリンク

間も無く9月、9月といえば番組改編の時期でもあります。

そんな中、あの板谷由夏さんがNEWS ZEROを卒業するとの情報が入ってきました。卒業ですか、何故なんだろう。表向きの理由だったりは公表されて居ませんがどうして卒業という形になったのかがちょっと気になりました。

今回は板谷由夏がNEWS ZEROを卒業する理由・真相を推測したと題して記事をお送りして参ります。あくまでも理由・真相を「推測」ですので悪しからず。。

スポンサーリンク

板谷由夏がNEWS ZEROを卒業する理由・真相を推測した

板谷由夏さんの卒業の一報は突然。


あかうさりん
やっぱり朝はこういうニュースが飛び込んでくるんやなあ。びっくりしたわ

ですよね、それにしても卒業ですか。まずはお疲れ様って申し上げたいです。

あかうさりん
ちょくちょくZEROを見る機会があったけど板谷さんは綺麗やなあって思いながらみてたよ。お話も上手やし。

そうですね、ちなみに板谷由夏さんのNEWS ZERO出演は毎週火曜という形でした。板谷由夏さんの存在はNEWS ZEROに華やかさもありつつ、ほんわかした雰囲気を添えていたというのが私の印象。それはきっと板谷由夏さんが番組内で良好なコミュニケーションをとっておられたからだと思います。事実、スポーツ報知さんのインタビューではこのように。

板谷は「間違いなく人生の糧になった。2007年の私に『あなた、ラッキーよ!』と言ってあげたい」とほほ笑む。「自発的に社会に目を向け、社会について考える太いパイプが『ZERO』だった。(生放送の画面から)むき出しの私が出てしまうので、言葉にウソがないように心がけた。番組に育ててもらい、感謝しかないです」と話した。

引用元:スポーツ報知様より「板谷由夏「NEWS ZERO」卒業…「感謝しかない」9月いっぱいで

あかうさりん
・・・朝からええ話を聞けた気がする。っていうかやっぱりイメージ通りの人やんな。素敵やー。

板谷由夏さんのお人柄がとても現れている一コマだなって思いました。

では板谷由夏さんがNEWS ZEROを卒業するにはどんな理由・真相があるのでしょうか?

板谷由夏さんがNEWS ZEROを卒業するのは理由がある?真相は?

あかうさりん
辞める人がおったら新たに入ってくる人もおる。そういう意味では番組のカラーも一新するって事なんかなあ。

おお!まさに今それを言おうと思ったのです。まずはこちらをご覧ください。

 

あかうさりん
おお!有働さんやん!

そうなんです、おさらいですが村尾さんも9月末で卒業という形になり、NEWS ZEROの新たなメーンキャスターは有働由美子さんになることが決まって居ます。有働さんといえばやっぱり報道畑の人。NHKのあさいちでははっちゃけた姿を見せて評判でしたけどね。

あかうさりん
日テレの方針として、報道色を打ち出していこうってこと?

そう!それが言いたいのです。つまり板谷由夏さんがNEWS ZEROを卒業するのは日テレの方針とは合わなくなったからではということ。ただし、これは決してネガティブなものではないと思います。社との方針転換によって配置される人材が変わるのはあたりまですから。

あかうさりん
逆にいうたら、これまでは日テレの方針にベストマッチしてたってことやんな、板谷由夏さん。

そうそう!なのでお役御免という形で板谷由夏さんは卒業すると思います。板谷由夏さんの評判・評価は高く、板谷由夏さんは板谷由夏さんでしか出せない味を出して居たとも思います。いっぽうで板谷由夏さんはお子さんがいらっしゃるんですよね。ですので板谷由夏さんにとっては負担が少し無くなるというメリットもあるわけで。

君の生まれた三軒茶屋 久しぶりに来てみたら 10数年前に旅する母です

板谷由夏さん(@yukaitaya)がシェアした投稿 –

あかうさりん
まあお互い良好な関係のままさよならって感じやね。

はい!

板谷由夏さんの後任のキャスターは決まっている?

あかうさりん
でも板谷由夏さんの後任の人は決まってるんかなあ・・・っていうか

っていうか?

あかうさりん
10月から番組の構成も変わるかもやし、後任がおらへんこともあるか。

自己解決しちゃった!確かに、あかうさりんのいう通りかも。

まとめ

板谷由夏がNEWS ZEROを卒業する理由・真相を推測したと題して記事をお送りして参りました。私の推測としては日テレの方針転換(報道色の打ち出し)のためとさせていただきます。

板谷由夏さんはこれからも本業で輝き続けてくれることでしょう、陰ながら応援させていただきます!そしてNEWS ZEROでのお仕事、お疲れ様でした!(まだ1ヶ月残ってるけど)

それでは最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。また次回の記事でお会いできることを楽しみにして居ます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク