ゆう姫の本名や年齢は?身長体重や家族(父・母・兄)も気になる!

スポンサーリンク
調べ物をする学生
ゆう姫って人がテレビ欄にいたけど本名や年齢だったりいろいろ情報を知りたいな

って思った方に向けてこの記事を書いています。

なんだかお米みたいな名前ですが、このゆう姫さん、調べれば調べるほどおおおおおって思わず唸ってしまいました。まあ家族の情報をお伝えすればすごい人なんだってことがわかりますよ。ぜひぜひお見逃しなく。

それでは

ゆう姫の本名や年齢は?身長体重や家族(父・母・兄)も気になる!

と題して記事を進めて行きましょう。

ゆう姫の本名や年齢は?身長体重や家族(父・母・兄)も気になる!

ゆう姫のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Whatever you see represents what you feel about yourself. Am I being delusional? Photo by @antonellaarismendi Styling by @masakikataoka Make up by @yoshi.t7

Yuki Matsudaさん(@yjymusic)がシェアした投稿 –

  • 本名:松田夕姫
  • 生まれ年:1988年
  • 年齢:今年で31歳
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都
  • 身長体重:cm / kg (わかればまた追記します。)
  • 家族:父親は松田優作、母親は松田美由紀、兄は松田龍平、松田翔太、叔母に熊谷真実。義姉が秋元梢。
  • SNS:
    Twitter >@YJYmusic 
    インスタ>https://www.instagram.com/yjymusic/
こありん
ああああああ、そう言われれば目元とかお兄ちゃんたちにそっくり。

そんなゆう姫(松田夕姫)さんはYoung Juvenile Youthというバンドでボーカルもやってたりします。

https://twitter.com/YJYmusic/status/1088457932574928896

あかうさりん
かっこええやん。
こありん
そう、かっこいいですよね。おしゃれっていうか、とりあえず渋谷あたりで聴きながら散歩がしたい

SNSの反応

あかうさりん
wwwwwwwwwwwww
こありん
これ、じわじわきますね

これはいい情報ですね!wwww 龍平さんだって全然かっこいいのに。

ちょっと気になって他の情報を調べてみるとこんなインタビューもありました。

—自信を感じられるというのは人として?

ゆう姫:そう、人として。

—むしろコンプレックスのほうが多いですか?

ゆう姫:そうですね。コンプレックスの塊みたいな感じです。家族が家族だからというのもあるし、自分のいる環境自体がコンプレックスみたいなところもありますね。

—自分と家族を比べられたり?

ゆう姫:やっぱり自分でも比べちゃいますからね(ゆう姫は松田優作の娘であり、松田龍平と松田翔太を兄に持つ)。

—そこはこちらの想像が及ばないところもありますけど、ゆう姫さんにはきっと、表現をしながら自分のアイデンティティーが何なのかを知ろうとしているところがありますよね。

ゆう姫:まさにそれは私の人生の課題だなと思うんですよ。

引用元:https://www.cinra.net/interview/201711-youngjuvenileyouth

こありん
でもさ、家族がみんなあんなに活躍していたりしたら、ゆう姫さんもいろいろと考えるところってあるんだろうなあ。私だったら物事を深く考えることはないので「すごい、みんなもっとがんばれー」って言って喜ぶだけですけど。
あかうさりん
松田優作一家って字面だけ見ても存在感がハンパないもんな。いろいろ比較されたりして、自分を見失いそうになるって気持ちはなんとなくわかる気がする・・。

ゆう姫さんのこれからの活躍を祈るばかりです!

まとめ

ゆう姫の本名や年齢は?身長体重や家族(父・母・兄)も気になる!と題して記事をお送りしてきました。ゆう姫さんの情報は下記に再掲しておきますのでご参考にしていただければと思います。

  • 本名:松田夕姫
  • 生まれ年:1988年
  • 年齢:今年で31歳
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都
  • 身長体重:cm / kg (わかればまた追記します。)
  • 家族:父親は松田優作、母親は松田美由紀、兄は松田龍平、松田翔太、叔母に熊谷真実。義姉が秋元梢。
  • SNS:
    Twitter >@YJYmusic 
    インスタ>https://www.instagram.com/yjymusic/

それでは今回も最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いできることを楽しみにしています。

ではでは。



スポンサーリンク
スポンサーリンク