村雨辰剛(庭師)はハーフ?本名や年齢は?身長体重に経歴も気になる!

スポンサーリンク
調べ物をする学生
えっ、ちょっとまって。村雨辰剛って人超かっこいい・・・ハーフなのかな?

って思った方に向けてこの記事を書いています。

ということで今回ピックアップするのは村雨辰剛さん。庭師の方です。見た目は完全にハーフ・・・・というか外国の方っぽいのでいろいろ好奇心をくすぐられた方も多いのではないでしょうか。

この記事を読めば村雨辰剛(庭師)さんに関する情報をあらかた得ることができますのでぜひぜひご参考にしてください。

村雨辰剛(庭師)はハーフ?本名や年齢は?身長体重に経歴も気になる!と題して早速記事を進めて行きましょう。

村雨辰剛(庭師)はハーフ?本名や年齢は?身長体重に経歴も気になる!

村雨辰剛(庭師)さんはハーフではなく、帰化した方。プロフィール

 

View this post on Instagram

 

Suit day 👔

Tatsumasa Murasame 村雨 辰剛さん(@tatsumasa.murasame)がシェアした投稿 –

  • 本名:村雨辰剛(むらさめたつまさ)
    帰化前:ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク(Jakob Sebastian Björk)
  • 生年月日:1988年7月25日
  • 年齢:30歳
  • 血液型:型
  • 出身地:スウェーデン / マルメ🇸🇪
  • 身長体重:182cm / kg (わかればまた追記します。)
  • スリーサイズ:101/78/96
  • 職業:庭師
  • 趣味:筋トレ、肉体改造、盆栽
  • 経歴:

    北欧スウェーデン生まれ育ち。幼い頃から英語が得意で外国に興味を持つ。 スウェーデンとなるべく違う環境と文化の中で生活してみたいと言う気持ちがきっかけで、日本 に興味を持ち日本語を勉強し始める。 やがて日本語の上達と共にその気持ちはいつか日本で日本人として暮らしたいと言う目標に。高校を卒業すると、特技である語学能力を活かし日本で語学(スウェーデン語や英語)の教師とし て働き始め、同時に外国人事務所にスカウトされ、CM、PR、通訳や翻訳の仕事をこなす。23歳の時にもっと日本古来の文化と関わって仕事がしたく、造園業に飛び込み見習い庭師に転 身。26歳の時に念願の目標であった帰化許可を頂き、日本国籍取得と村雨辰剛に改名。のちに テレビ番組のZIP!やスッキリ!!で紹介される。引用元:http://ymn.bz/talent/tatsumasa-murasame/

  • SNS:
    Twitter >@MurasameTatsu 
    インスタ>https://www.instagram.com/tatsumasa.murasame/
こありん
ちょっとまってください、超かっこいい・・・!!!!!!
うさりん
これ、ハーフっていうか完全に外国の方って感じだな

はい、ということで村雨辰剛さんは元々はスウェーデン人だったのですが日本に興味を持って日本で庭師見習いになって、26歳の時に日本に帰化して国籍を取得してこの村雨辰剛の名前に改名をしたんですね。元々の名前は上にも書いていますが「ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク(Jakob Sebastian Björk)」さんでした。

村雨辰剛さんが庭師にハマった理由

こありん
でもでも、どうして庭師なんだろ。

それについてはこちらの記事を少し引用して見ましょう。

― どんな子どもでしたか?

小さい頃から、古いものや伝統文化に興味がありました。スウェーデン人が伝統や文化を大切にせず、新しいものを次々と取り入れることに違和感を感じていました。悲しかった。いつか、自分の国とまったく異なる環境の場所に行ってみたいと思っていました。

― それが日本だったんですか?

最初はアジアで調べていたのですが、日本が一番、気になったんです。島国ですし、日本には独自の文化があり、それが魅力的だったんですね。でも、自分が住んでいるところには、ほとんど日本の情報がなかった。本屋で辞書を探しましたが、それすらもありませんでした。日本語を勉強したくてもできなかったんです。それで、ネット上で知り合った日本人にチャットで日本語を教えてもらったりして。それがきっかけで友だちとなり、「日本においでよ」と誘われ、16歳の夏休みに逗子と横須賀に3ヶ月滞在しました。さんざん調べていたので、憧れていた日本に対して、想像と現実ではそんなに大きなギャップはありませんでしたね。歴史的な建造物など、古い日本文化に触れていると居心地がよかった。特に惹かれたのは、「わび・さび」という考え。古いものや自然のものに価値を見いだしている。そういった感覚的な美意識が素晴らしいと思いました。日本に住むことはその時にすでに決めていましたね。

― なぜ、庭師になろうと思ったのですか? もともとガーデニングには興味があったのでしょうか?

ガーデニングには、まったくといっていいほど興味はありませんでした(笑)。21歳の時に英語とスウェーデン語の教師として再来日を果たし、将来的には日本の文化に携わる仕事がしたいと思ったんですね。日本庭園には日本独自の美意識が生きている。「これだ!」と思って、23歳の時に弟子入りをお願いしました。真夏だったんですが、初日に熱中症で倒れて病院に運ばれたんです。このままだと迷惑をかけてしまうと思って、1日目で「辞めます」と親方に伝えました。けれどもその後、辞めたことをずっと後悔した。1ヶ月後、僕の後に入った若い人が辞めたと聞き、親方に「もう一度、チャンスをください」と頼み込みました。そうしたら親方は雇ってくださったんです。

引用元:https://www.recruit.co.jp/meet_recruit/2016/06/gl13.html

 

村雨さんは元々古いものや伝統文化に興味を持っていらしゃった。かつ、今の環境とは全く違うところに行きたいと思っていた。

こありん
そこで日本、そこで造園業との出会いを果たしたというわけですね

そうです!と言っても、この行動力ってすごくないですか?いろいろと考えさせられますよ。

うさりん
まああれだよな、よっぽど「これだ!」って思うものが造園業だったんだろうな。そうじゃなきゃここまで行動できない

逆を言うと、これだって思えるものに出会うためには、遠く離れた場所に行かないと見つからないってこともあるんですね・・!

行動、行動、そして行動しなきゃと。村雨さんを見て思う私でした。

SNSの声

まとめ

村雨辰剛(庭師)はハーフ?本名や年齢は?身長体重に経歴も気になる!と題して記事をお送りしてきました。村雨辰剛さんの情報に関しては下記の通り再掲しておきますのでぜひぜひご参考にしてくださいね。

  • 本名:村雨辰剛(むらさめたつまさ)
    帰化前:ヤコブ・セバスティアン・ビヨーク(Jakob Sebastian Björk)
  • 生年月日:1988年7月25日
  • 年齢:30歳
  • 血液型:型
  • 出身地:スウェーデン / マルメ🇸🇪
  • 身長体重:182cm / kg (わかればまた追記します。)
  • スリーサイズ:101/78/96
  • 職業:庭師
  • 趣味:筋トレ、肉体改造、盆栽
  • 経歴:

    北欧スウェーデン生まれ育ち。幼い頃から英語が得意で外国に興味を持つ。 スウェーデンとなるべく違う環境と文化の中で生活してみたいと言う気持ちがきっかけで、日本 に興味を持ち日本語を勉強し始める。 やがて日本語の上達と共にその気持ちはいつか日本で日本人として暮らしたいと言う目標に。高校を卒業すると、特技である語学能力を活かし日本で語学(スウェーデン語や英語)の教師とし て働き始め、同時に外国人事務所にスカウトされ、CM、PR、通訳や翻訳の仕事をこなす。23歳の時にもっと日本古来の文化と関わって仕事がしたく、造園業に飛び込み見習い庭師に転 身。26歳の時に念願の目標であった帰化許可を頂き、日本国籍取得と村雨辰剛に改名。のちに テレビ番組のZIP!やスッキリ!!で紹介される。引用元:http://ymn.bz/talent/tatsumasa-murasame/

  • SNS:
    Twitter >@MurasameTatsu 
    インスタ>https://www.instagram.com/tatsumasa.murasame/

 

それでは今回も最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いできることを楽しみにしています。



スポンサーリンク
スポンサーリンク