大阪地震2018で不足・品薄・品切れしている必需品とは何?

スポンサーリンク

大阪地震2018の続報記事です。

地震発生から1日が経ちました、以前大阪を中心に近畿の方々の不安はおさまらないと思います。私地震も親族が大阪市内に住んでおり、電話を介して不安だという声を実際に聞きました。その上で今後の不安は?と聞くと親戚は「物不足やねえ・・・」と答えました。

3.11の際、私は都内に住んでおりましたが一番苦しんだのは物不足です。都市部は人が多いですが、そのせいかこういう時に起きがちなのが「買い占め」による品不足です。品不足が起きた時、なくてはならないものは何か。そんなものを改めてまとめておこうと思います。

大阪地震2018で不足・品薄・品切れしている必需品とは何?と題して早速。

スポンサーリンク

大阪地震2018で不足・品薄・品切れしている必需品とは何?

あかうさりん
買いだめしたくなる気持ちはものすごうわかるんやけど、度がすぎると多くの人に必需品が行き渡らないっていうデメリットもあるんよなあ

はい、それに実際に店頭で大量のものを買い込むと気がひけるという方もいるのではないでしょうか。。

あかうさりん
ちなみに管理人さんの親戚さんは何が不足してる言うてたん?

何と言っても「水と食料」ですね。親戚の家は備蓄用の水を持っていませんでした。スーパーに行って買い占めするのも気がひけるというコメントも。

あかうさりん
せやんなぁ・・、私の場合は水もそうやけどバッテリーとかやね。携帯動かんとゲームできひんし、そもそも情報が入ってけえへんねん。(家にテレビがないから)

なるほど、「情報」も非常時には必需品ですもんね。別記事では必需品をまとめていたのですがこの記事でも必需品を記載しておこうと思います。「何があってから」では遅いのが備蓄品です。こう言う時こそネットなどを利用して備えを万全にして起きましょう。

備えておきたい必需品防災グッズ(随時修正中)

気象庁では2、3日以内に同じ規模の地震が起きやすいと言っております。事実、3.11の2日前の3.9にも大きな地震があった事は意外とみなさん覚えていなかったりします。関西の方だけに限らず、いつくるかわからない地震に対する備えは必ずしておく必要があると思います。ここからは最低限必要とされるグッズをあげておきます。ご参考になれば幸いです。なお首相官邸のHPではうまく必需品をまとめてくれています。チェックリストとして活用するといいかもですね。

非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)
飲料水
食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
ヘルメット、防災ずきん
マスク
軍手
懐中電灯
衣類
下着
毛布、タオル
携帯ラジオ、予備電池
携帯電話の充電器
使い捨てカイロ
ウェットティッシュ
洗面用具
携帯トイレ

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

引用元:https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

防災セット

まずは最低限の必需品を網羅した防災セットを備えて起きましょう。山善の防災グッズは最低限必要とされるグッズを安価で購入可能です。

  • 本体サイズ:幅32×奥行20×高さ40cm

  • セット内容物(1):リュックサック、懐中電灯[単三電池3本使用(別売)]、ホイッスル、レインポンチョ、EVAサンダル、アルミシート、アルミブランケット、まくら、非常用給水バッグ、ペーパートレー×3、プラカップ×5、割り箸×5、カトラリーセット、ラップ、アルミホイル、ボディタオル、歯ブラシ×3

  • セット内容物(2):綿棒×20、マスク×3、ティッシュペーパー、携帯用トイレ×3、大型ポリ袋×3、ラバー手袋、PEロープ、布テープ、2WAYドライバー、ミニカッターナイフ、ライター、小銭入れ袋、筆記用具セット(ボールペン×1・メモ帳×1)

  • 原産国:中国

  • 一次避難向けグッズ。一次避難とは生き残るため、その場から逃げるための避難。物理的な圧力を回避することが目的で、持ち出しやすいよう、防災グッズの中身はそこまで多くありません。

     

防災セット(乳児用)

乳児クラス向け(約5人用)の非常持出セット■セット内容/大型非常持出袋(日本防災協会認定品)、レジャーシート、救急セット、冷却シート×2、7年保存水500ml×5、粉ミルク14g×10、備蓄用哺乳瓶×10、加熱セット×3、ミルクスティック×8、紙おむつ(7‐11kg用)×34、おしりふき、クリップライト、簡易ライト×5、アルミ転写毛布、メッセージメモ、モバイルバッテリー、ポリ袋×10、カイロ×10●サイズ/外装:420×320×390mm

ソーラー、太陽光による発電バッテリー

また停電時に欠かせないのがソーラー発電バッテリーです。オススメはsuaokiソーラーチャージャーです。

ラジオ(手回し系)


被災時に欠かせないのは情報ですが、停電時に欠かせないのがこの手回し式のラジオです。ひとつは持って起きたい必需品。


何と言っても水は必需品です。断水した場合、自治体や自衛隊などによる配給水を待たなければなりません。また買い占めなどにより品薄状態が発生しますのでお早めに確保しましょう。

防災食


もちろん水だけではなく食料も必要です。調理不要で美味しいとされる防災食を備えておきましょう。

  • いつもの食べなれた家庭料理が味わえる防災食です

  • 美味しさそのまま新技術「UAA食品(ウルトラアンチエイジング製法)」で、5年間の長期保存を可能にしました。

  • 常温でも美味しく食べられ、アウトドアや日常食としても便利にいただけます。

  • 美味しい防災食 ほっとするメニュー 27食 各3食

  • 生き延びる食事ではなく、生きかえる食事。 ※東京防災付属

救急セット

簡易トイレ


そして最低限おさえて起きたいのがトイレです。ポイントは「におい」をおさえる簡易トイレです。

  • 防災用品の必需品 凝固剤・蓄便袋(黒袋)だけを50回分詰めた、非常用簡易トイレセットです。

  • 緊急戦隊トイレマン50 の占有面積はA4ノートの半分程度。 凝固剤は安心の日本製で10年保証。積み重ねできる段ボール梱包なので、大量備蓄にも最適!

  • 非常用 災害備蓄としてはもちろん、アウトドア 登山用としても大人気の簡易トイレです。

  • 省スペース設計なので備蓄に場所をとらず、ご家庭または企業・自治会の防災訓練にも最適です。

  • 災害時などの緊急用トイレやアウトドア・キャンプ用の携帯トイレとしても幅広くご利用いただける災害用トイレです。

ウェットティッシュ

サランラップ

なんでサランラップ?とお思いの方もいるかもしれませんがサランラップは非常用のお皿代わりになったりいろんな用途に使用可能なのでひとつもっておくといいです。

つっぱりぼう

アイリスオーヤマの突っ張り棒は特に「本棚、タンス」といった家具を多く置いていらっしゃるご家庭には必須アイテムです。大地震の際、家具の転倒による怪我は本当に多いです。

まとめ

大阪地震2018で不足・品薄・品切れしている必需品とは何?と題して記事をお送りしました。現地の声を聞くとやはり「水」「食料品」を挙げる人が多いようですね。とはいえ、そのほかにも必需品は上記のようにございました。必要だと思うものはお早めに備えて起きましょう。次また大きな地震がくるかわかりませんので。

関連記事:
大阪地震2018は南海トラフ地震の前兆?予知予言は?必需品も確認
大阪地震2018は本震か前震か?今後の地震(余震)の可能性は?
大阪地震2018で大雨による土砂崩れに警戒!注意点のまとめ!
大阪地震2018による宅配・配達・物流の遅延は?会社ごとのまとめ
大阪地震2018で不足・品薄・品切れしている必需品とは何?
大阪地震2018と6月21日の予言予知の関係や評判・反応は?
大阪地震2018でガスが使えない時の代替品・対処方法まとめ



スポンサーリンク
スポンサーリンク